2017年3月22日水曜日

ホルベイン主催のワークショップ(完全予約制)の2017年度春季日程が決まりました!


お待たせいたしておりました、ホルベイン主催のワークショップ(完全予約制)の2017年度春季日程が決定いたしました。

ワークショップとは、実際に何かを作ったり、描いたりしながらさまざまなことを学ぶ体験型の講座をいいます。ホルベインでは、絵具や色、筆や紙・キャンバスといった画材のことなど、さまざまな製品に関するより深い知識を持っていただく目的でワークショップを開催してまいります。

昨年開催しましたワークショップでは多くの方々にご参加いただきました。受講者の方々からは、「楽しい講座でした!」とのお声もいただき、各講座とも大変好評でございました。

さて、2017年春季のワークショップ開催日程は、下記の通りとなっております。
各日程にはそれぞれテーマを設け、そのテーマに沿った体験型講座となっております。
皆様のご興味のあるテーマをお選びいただき、電話で空き状況をご確認後、このページの最後にある「参加票をダウンロードする」ボタンから申込用紙をダウンロードしていただいた上で、必要事項を記入しFAXまたは郵送にてお送りくださいませ。(宛先等はこのページの最後に記載しております)
《空き状況確認 電話番号》
カスタマーセンターTel.:0120-941-423


■お友達紹介キャンペーンのご案内■
---------------------------------------------
スケッチ会、ワークショップ開催日に、初めて参加されるお友達とご一緒にご参加いただくとステキなプレゼントをもらえる【お友達紹介キャンペーン】を実施します。初参加のお友達の人数分、ホルベインよりステキなプレゼントをさしあげます。
※必須条件:紹介者の方も同行してください。参加票・申込票どちらの場合も、おともだち紹介欄に、紹介する側、紹介される側の方のお名前をご記入下さい。

皆様のご参加、お待ちしております!

================================================
体験型講座《ホルベイン ワークショップ2017春季開催日程》
================================================

『弓手式 - ニュー印象派スケッチ』
 □開催日/ 月曜日
[野外実習] 4月24日、5月22日 午前11時〜4寺30分
※午前中下地処理して、近隣の公園、神社に野外実習します。昼食持参してください。雨天の場合は室内実習継続します。
 □開催日/ 火曜日
[室内実習] 5月9日、6月6日、7月19日 午後1時30分〜4寺30分

アクリリックシリーズの粘度の違う「ヘビーボディ」「フルイド」「INK」3タイプと下地のメディウム、パステルなど駆使して野外スケッチで心地よく描けるテクニックを紹介します。
●講師:弓手研平(一水会委員、研水会委員)
【損保ジャパン美術賞受賞(2009年)、文部科学大臣賞受賞(2013年)】
●費用:2,000円(実習教材費込み)
●定員:20名


『人物デッサン』



□開催日/月曜日 4月17日、5月29日、6月12日、7月3日
プロのモデルさんを招き、20分×4ポーズで鉛筆デッサンにこだわらずいろいろな描き方をしていただきます。好きな画材をお持ちいただいてもかまいません。初めての方も技術的な指導、アドバイスしていただきます。
●講師:八田晶一(現代美術作家)
【大阪芸術大学美術専攻科修了、日本美術家連盟会員、ホルベインスカラシップ第2回奨学生】
●時間:午後1時30分~4時30分(3時間 / 受付1時より) 
●費用:3,000円(モデル代・実習教材費込み)
●定員:15名


『色鉛筆ってすごいですよ』




□開催日/月曜日 《連続講座ステップアップ》4月10日、5月15日、6月19日、7月10日

塗り重ねでまるで油絵のようなボリューム感!それにデッサンなしで絵が仕上がるなんて夢のよう。とりあえず体験していただいたら色鉛筆の魅力にきっとあなたもはまりますよ。まずはポストカードから。
●講師:きのしたてるみ(新美術協会会員)
●時間:午後1時30分~4時30分(3時間 / 受付1時より) 
●費用:8,000円/4回分(実習教材費・紙代込み)
●定員:20名※連続講座となります。日程をご確認ください。



『はじめての絵手紙』







□開催日/ 水曜日 5月17日、6月21日、7月26日

一枚のはがきに絵とあなたの一言を添えて相手に贈ります。上手に描くことより一生懸命自分流に描いた絵に、ちょっとした感動の言葉や旅先からの便りなどが夢ふくらんで伝わります。
●講師:北川 長一郎
第1回タオルで描く絵てがみコンクール最優秀受賞
第1回国際手書きArt展 ハルビン市書法協力記念賞受賞
絵手紙作品集「ソノトキ ソノトキ キミニ逢イタシ 自在独楽」出版
国内外個展
●時間:午後1時30分~午後4時30分(3時間 / 受付1時より)
●費用:2,000円(素材、描画材料込み)
●定員:20名



『入門 油絵描き方講座』




□開催日/木曜日 《3回連続講座》4月13日、4月20日、4月27日

油絵をはじめたいが道具の使い方、描き方がわからない人のための入門講座です。絵具の説明、パレットの使い方、絵具の出し方、筆の洗い方、色の混ぜ方、キャンバスについて、イーゼルの使い方、画材道具の使い方などはじめての方対象に「基本の“き”」から指導いたします。厚手のペーパーを下地処理して、気軽な感覚でデッサン額などでおしゃれに飾ってみましょう。
●講師:三阪 雅彦(一陽会運営委員、世界各国のVIP肖像画を多数制作、無量壽寺九州本山 天井画制作、念仏宗仏教之王堂 障壁画、天井画、大阪、東京、京都で個展)
●時間:午後1時30分~4時30分(3時間 / 受付1時より)
●費用:6,000円(描画材料込み)
●定員:20名※連続講座となります。日程をご確認ください。


『デュオ+ヴェルネ油彩画教室』中級者向け連続講座





 □開催日/ 火曜日 6月20日、6月27日、7月4日 

油絵を本格的に学びたい方のための講座です。じっくり基底材づくりから、絵具の特性を活かす重ね塗り技法や混合技法を学んでいただけます。技法を学んでステップアップしていきましょう。使用絵具は「デュオ油絵具・ヴェルネ高品位油絵具」です。

●講師:高橋雅史
【独立美術協会会員、第57回独立展入選、第4回前田寛治大賞展・大賞、第74回独立展・独立賞、2009-10文化庁海外留学・スペイン】
●時間:午後1時30分~午後4時30分(3時間 / 受付1時より)
●費用:6,000円/3回分(キャンバス・実習教材費込み)
●定員:20名 ※連続講座となります。日程をご確認ください



『透明水彩画の魅力』


[満席となりました]

□開催日/木曜日 5月11日、6月8日、7月13日
日常の感動を水と絵具のシンプルな組合せで手軽に表現できるのが水彩画の楽しさです。画材の使い方の基本から応用まで水彩画の魅力を丁寧に指導致します。毎回モチーフは変わります。
●講師:前田香織(行動美術協会会員、武蔵野美術大学大学院油絵科修了優秀賞、日本美術家連盟会員)
●時間:午後1時30分~4時30分(3時間 / 受付1時より)
●費用:2,000円(実習教材費・紙代込み)
●定員:20名



『はじめてのパンパステル教室』





□開催日/火曜日 4月11日、5月16日、6月13日、7月11日

美しいグラデーションが魅力のパンパステルを使って水彩・色鉛筆・ソフトパステル他画材を併用した混合技法を学びます。イラストや絵画の下地・背景にも応用でき、パステル以外で絵を描かれる方にもお勧めの講座です。
第1回:基本の使い方を勉強、様々なミックスメディア表現にチャレンジします。きれいなグラデーションカラーの小作品を数枚仕上げます。
第2回:生物画、モチーフはご用意します。
第3回:風景画、第4回:人物画です。(両回共、描きたい写真ご持参ください。)

●講師:石黒絵美 (アメリカパステル協会、サウスイースタンパステル協会所属)
●時間:午後1時30分~4時30分(3時間 / 受付1時より)
●費用:2,000円(実習教材費込み)
●定員:20名






『夜の油彩画講座』



□開催日/ 金曜日 《連続講座》
①連続講座:4月28日、5月12日
②連続講座:6月23日、6月30日
油彩画を一度は描いてみたいが敷居が高い、もう少しステップアップしてみたい方、お昼お仕事がお忙しい方、夜の講座を開きます。快適な水可溶性のデュオ油絵具を使用します。
●講師:松田一聡(東京藝術大学修士課程油画技法材料研究室修了、「風景と静物画」展(ホキ美術館)、第9回前田寛治大賞展、近畿大学 / 大阪成蹊大学非常勤講師)
●時間:午後6時~午後8時(2時間 / 受付5時30分より)
●費用:①、② 4,000円/2回分(連続講座:実習教材費・キャンバス代込み)
●定員:20名





『大人の工場見学』

[満席となりました]

□開催日/7月14日(金曜日)

ホルベイン絵具の心臓部ともいうべき技術部と、水彩絵具を作っている製造工程を見学していただけます。申し込みの方に現地までの詳しいアクセス案内をお送りいたします。   
(場所:枚岡工場、近鉄奈良線瓢箪山駅下車、バスで10分)
講師:ホルベイン技術部インストラクター
●時間:午後1時30分~4時00分(2時間30分 / 受付1時より)
●費用:500円(お土産つき)
●定員:20名



=========================================
各講座につき、下記の注意事項をご確認ください。
=========================================

■実習
当日は、汚れてもいい服装でお越しください。会場は終日禁煙です。

■費用
税込・当日お支払いください。
実習の道具はすべて貸し出します。筆記用具を持参してください。
※完全予約制です。まず電話で空き状況をご確認のうえ申込用紙を下記ボタンよりダウンロードしてご記入ください。お申込はFAXまたは郵送にて受け付けております。

■開催場所
ホルベイン画材(株)セミナールーム


・地下鉄谷町線 谷町九丁目駅下車 / 徒歩約3分
・近鉄奈良・大阪線 上本町駅下車 / 徒歩約5分
〒542-0064 大阪市中央区上汐2-2-5
カスタマーセンターTel.0120-941-423
※車でのお越しはご遠慮ください。必ず公共機関をご利用ください。

■申込み
完全予約制です。まず電話で空き状況をご確認のうえ申込用紙を下記ボタンよりダウンロードして必要事項をご記入ください。
クリックして申込用紙を入手できます
お申込はFAXまたは郵送にて受け付けております。
定員になり次第締め切らせていただきます。
空席確認・申込先:ホルベインカスタマーセンターワークショップ受付係
TEL 0120-941-423
FAX 06-6763-1677
※急用で欠席の場合、必ず上記宛にご連絡をお願いします。

【2017年春】ホルベイン エンジョイ スケッチ会 春開催の日程が決定しました!

【2017年春】ホルベイン エンジョイ スケッチ会 日程をお知らせします!

お待たせしました!
いつも絵を描く友達と、会場で出会った人と、指導くださる先生と、楽しく語りながら絵を描く一日。描いているときだけでなくランチタイムも、お弁当を食べながら、レストランでくつろぎながら、絵画談義もできるスケッチ会。ホルベイン エンジョイ スケッチ会2017年春の日程が決定いたしました!

今回のスケッチ会の幕開けは、毎回大変好評いただいている『1日だけの制作コンテスト:1DAYアートコンテスト 〈ピントゥラ・ラピダ〉』からスタート!
今回のスケッチ会場は、1903年開園の大阪を代表する都市公園、天王寺公園周辺!敷地内の大阪市立美術館や茶臼山など、様々な角度でのモチーフが楽しめます。前回に引き続き、水彩、アクリル、油彩など、使用画材に制限を設けておりません。画材自由!参加無料!この機会にぜひご参加ください!
続いて第2弾では、世界遺産の興福寺のすぐ近く「奈良/ならまち界隈」をスケッチポイントに選定。江戸から明治期に建てられた町家が今も残るならまち界隈で、歴史を感じながらスケッチしてみませんか!
そして第3弾は、「京都/中書島、伏見港公園周辺」がスケッチポイント。酒蔵や運河などがスケッチポイントとして有名ですが、付近の伏見港三栖閘門(みすこうもん)や辨財天長建寺などのスケッチポイントも見逃せません。

各回、すべて参加無料となっています。お誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください!
皆様のご参加、心よりお待ち申し上げます。

1DAYアートコンテスト『ピントゥラ・ラピダ 大阪/天王寺公園周辺


2017年最初のスケッチ会は、毎回好評の1DAYアートコンテスト「ピントゥラ・ラピダ」からスタートです。
「ピントゥラ・ラピダ(=pintura rapida)」はスペインで開催される、その日の内に作品を完成させ審査を行う、コンテストのことです。

今回のピントゥラ・ラピダは、1903年開園という歴史ををピックアップいたしました。

天王寺公園は明治42年に開園された、長い歴史を持ち、旧住友家の名園慶沢園(有料)や動物園(有効)茶臼山、大阪市立美術館など起伏にとみ、いろいろな角度でのモチーフが楽しめます。ちょっと足を延ばすと、ディープな大阪の雰囲気が漂う新世界界隈。大阪のランドタワー通天閣、ド派手な看板など絵心を誘ってくれます。

【開催概要】《参加無料・予約制》

日時:4月8日(土) 午前9:30〜
定員:60名
集合場所:大阪市立美術館 北側広場(茶臼山古墳、河底池)
開始時刻:午前9時30分
審査員:関西若手作家 3名
画材:自由(水彩、アクリル、油彩、ミクストメディア可)
サイズ:12号以上(水彩画は水張りをおすすめします。)
当日審査して一席、二席、三席、優秀賞を決定させていただきます。入賞作品はHPにて発表いたします。
☆【予約制】事前に参加表をFAX、または郵送してください。折り返し3月下旬に当日の詳しい要項をお送りいたします。
※参加票は、このページの最後にございます。
☆「1DAY大賞」講評会では、皆様の作品の中より優秀作品を決定いたします。素敵な豪華賞品を用意しておりますので是非ご参加ください。また、入賞の方はホルベインギャラリーにてグループ展開催も予定しています。会期:2017年7月31日(月)〜8月10日(木)

[交通アクセス]


●JR、地下鉄「天王寺駅」下車、徒歩 約10分
●近鉄南大阪線「大阪阿部野橋駅」下車、徒歩 約10分
●地下鉄「動物園前駅」下車、徒歩 約10分
(車でのご参加は遅延の原因になりかねません。必ず公共機関をご利用ください。)


[スケッチ会2017年春]第2弾「奈良/ならまち界隈」


第2弾は「奈良/ならまち界隈」スケッチ会です。
「ならまち」は世界遺産でもある興福寺のすぐ近く、猿沢池のほとりから南側に広がっています。江戸時代、明治時代の面影を残す町家が連ねている傍ら、外装はそのままにおしゃれな飲食店やカフェなども多く点在している「ならまち界隈」は、絵にしたい魅力的なスポットです。

今回の講師には、二紀会委員の櫻井晨正 先生、一水会委員の岡崎 浩 先生、画家の大東純子 先生の3名にご参加いただき、スケッチ中のワンポイントアドバイスをはじめ、スケッチ後の講評会でもアドバイスをいただきます。プロのアドバイスを間近で聞けるチャンスです。ぜひご参加いただけますよう、皆さんからのお申込みをお待ちしております。

【奈良会場:開催概要】《参加無料・予約制》

日時:4月16日(日) 午前9:30〜
定員:60名
集合場所:ならまちセンター広場
開始時間:午前9時30分
講師:櫻井晨正(二紀会委員)、岡崎 浩(一水会委員)、大東純子 (画家)
※講師は都合により変更になる場合があります。ご了承ください。

[交通アクセス]



●近鉄奈良線「奈良駅」下車、徒歩約10分
●JR関西線「奈良駅」下車、徒歩約20分
(※車でのご参加は遅延の原因になりかねません。必ず公共機関をご利用ください。)




[スケッチ会2017年春]第3弾「京都/中書島、伏見港公園周辺」


スケッチ会第3弾は「京都/中書島、伏見港公園周辺」をピックアップします。
中書島といえば運河と十石船と酒蔵があまりにも有名なスケッチポイントですが、近くには変わった弁柄色の山門辨財天長健寺や伏見港三栖(みす)閘門(こうもん)など見逃してしまうスケッチポイントもいっぱいです!

今回の講師には、画家の森田洋子 先生、画家の荒牧陽一郎 先生、新制作協会会員の蛭田  均 先生の3名にお越しいただき、スケッチ中のワンポイントアドバイスをはじめ、スケッチ後の講評会でもアドバイスをいただきます。プロのアドバイスを間近で聞けるチャンスです。ぜひご参加いただけますよう、皆さんからのお申込みをお待ちしております。

【京都会場:開催概要】《参加無料・予約制》

日時:5月20日(土) 午前9:30〜午後16:00ごろ
定員:100名
集合場所:伏見港公園広場
開始時間:午前9時30分
講師:森田洋子(画家)、荒牧陽一郎(画家)、蛭田  均(新制作協会会員)
※講師は都合により変更になる場合があります。ご了承ください。

[交通アクセス]



●京阪本線「中書島駅」から徒歩約5分
(車でのご参加は遅延の原因になりかねません。必ず公共機関をご利用ください。)




スケッチ会2会場共通のご案内(4/16、5/20のみ)

〈手ぶらで参加・デュオで油絵を描く(無料・予約制)〉

油絵を始めたいけど道具をそろえるのが大変だとおっしゃる方のために、DUO油絵具、ボードキャンバス(F6サイズ)、筆など道具一式をお貸しいたします。描いたボードキャンバスは箱に入れてお持ち帰りいただけます。
必ず事前に申込みをしてください。製品は講習会用備品のため、新品ではありません。ご了承ください。
*数に限りがありますので、会期中お一人1回とさせていただきます。

★お申し込み電話番号

ホルベイン工業 株式会社 TEL:0120-941-423
※貸出数に限りがありますので、お1人様1回(各会場のうち1会場のみ)とさせていただきます。
※ホルベイン工業がSWANSブランドで有名な光学メーカー「山本光学株式会社」と共同開発した、待望のスケッチ用偏光サングラスをスケッチ会の受付にてお試しいただけます。
スケッチ用偏光サングラスについてはこちら→[http://www.holbein-works.co.jp/holbein_swans/]から。


イーゼルをお貸しします【無料・予約制】





荷物を軽くしていただくためにイーゼル(写生用の三脚)をお貸しします。
ご希望の方は事務局に事前に「イーゼル貸出希望」と電話でお申し込みください。
★水彩画を屋外で描く場合、通常の縦型のものより「水平イーゼル」が適しています。アルミ製で販売されていますので一度お近くの画材店でお確かめください。
★お申し込み電話番号
ホルベイン工業 株式会社 TEL:0120-941-423

参加票

エンジョイスケッチ会奈良会場、並びに1DAYアートコンテスト参加票は事前に下記アドレスにて配布しております。
http://www.holbein-works.co.jp/static/2017spring_subsheet.pdf
参加票をダウンロードの上、必要事項をご記入ください。


スケッチ会にご参加のみなさまへ

日本文化の宝物「重要文化財」やその指定史跡、人類の宝物「世界遺産」などを含む公共のスペースでのスケッチする場合があります。悠久の文化や美しい景観を後世に伝えるためにも、以下の事項を必ず守ってください。
敷物を必ず用意しましょう。文化財、世界遺産など公共のスペースで描きます。汚さないよう、マナーを守って制作しましょう。
●水彩画を描いた後の水の処理はその場で捨てないで必ず持ち帰るか、受付のバケツに入れてください。
●通行人の邪魔にならない場所にイーゼルを立てましょう。
●民家の軒先で制作するときは、おうちの方に一言お声をおかけください。
講評会でスケッチブックを留めるクリップは各自でご持参ください。
帽子や日傘等のご準備、こまめな水分補給で熱中症対策やマスクなどでPM2.5への対策をおこないましょう。
●車でのご参加は遅延の原因になりかねません。必ず公共交通機関ご利用ください。
●スケッチエリアなど諸注意は当日開会式で案内いたします。
◎参加者の方のケガや他に与えた損害等につきましては、当会は一切の責任を負いません。ご自身の健康状態をチェックされた上でご参加ください。
●交通ルールを守りましょう。

《一人の迷惑行為で、みんなが気まずくなります。楽しい一日は常識ある行動から》
●参加者皆様が楽しい一日を過ごせるよう、お互いに思いやりをもって行動しましょう。

2016年12月1日木曜日

11月26日1DAYアートコンテスト『ピントゥラ・ラピダ 北浜周辺レトロビルディング』

今期最終となるホルベイン・エンジョイペインティング・スケッチ会、
1DAYアートコンテスト『ピントゥラ・ラピダ 北浜周辺レトロビルディング』を
11月26日(土)に開催いたしました。
 「ピントゥラ・ラピダ(=pintura rapida)」はスペインで開催される、
その日の内に作品を完成させ審査を行うコンテストのことです。
 
2016年秋のピントゥラ・ラピダは、昭和初期の佇まいがいまも残る大阪の
北浜地区をピックアップいたしました。
 
 






昭和初期の大阪は「大大阪」とも呼ばれ、産業のみならず、文化や芸術に
おいても繁栄を極め、人口も東京を抜いていたといわれています。
その時代を支えていたのが、この船場でした。
当時をしのばせる趣のある建物の数々。
近年再評価され、保存の機運が高まったこともあり、あちこちに残されている独特のたたずまいを描こうと、たくさんの方にご参加いただきました。
こちらのイベントは、定員制で行っております。

開会式

ポカポカ陽射しの好天の下、開会です。

審査と講評は、
高橋雅史先生(独立美術協会)、
弓手研平先生(一水会委員)、
森井宏青先生(行動美術協会)です。

高橋雅史先生




森井宏青先生


 

弓手研平先生


弓手先生が手にされているのは、今秋発売されたばかりの新製品、
アクリリックインクですね!


ホルベインアートコンテスト「ピントゥラ・ラピダ」は、12号サイズ以上で
下地処理の無い真っ白の基底材で公平にスタートします。
開会式に続き、早速下地加工が始まりました。




ここ数日の寒気はなく、暖かい陽射しに恵まれた絶好のスケッチ日和です。







ホルベイン1DAYコンテストもタイムアップ、これから採点が始まります。
集計時間を利用して、本日審査担当の高橋先生、弓手先生、森井先生から全作品への講評があります。




先生方の講評をいただいた後、今期最終のホルベインスケッチ会
「ピントゥラ・ラピダ」表彰式に移ります。


第一席表彰

入賞作品はこちら。

第一席


第二席


第三席


続いて優秀賞です。



優秀賞


優秀賞


優秀賞


優秀賞


 入賞された皆様は、ホルベインギャラリーにて、
2016年前期スケッチ会にて受賞された皆様とのグループ展を予定しております。ぜひお楽しみにお待ちください。


参加された皆様の作品は最後に全て掲載いたします。

ご参加ありがとうございました。